理事長あいさつ

理事長 高谷 清孝

 

 

 公益社団法人あおもり農業支援センターは、令和2年度まで取り組んできた林業関連事業を廃止したことに伴い、令和3年度から新たな組織としてスタートいたしました。
 センターの主な事業は、本県農業が抱える従事者の減少や高齢化の進行などの課題に的確に対応していくための、農地の利用調整と集積・集約の促進、農業の担い手の確保・育成、畜産基盤の整備の3対策となっています。
 具体的には、農地の利用調整と集積・集約の促進では、市町村や関係団体等と連携しながら、規模縮小や離農などで提供された農地を受け手となる担い手に貸し付けるとともに、地域の話し合いによる集約化を促し、担い手への農地の集積・集約と遊休農地の有効活用を図ります。
 また、農業の担い手の確保・育成では、就農を目指す青年に対する相談、情報提供・支援の拠点となる「青年農業者等育成センター」のほか、農業者が創意工夫を生かした経営を展開できるよう、専門家で構成する支援チームを派遣する「農業経営相談所」によるサポート体制を整備します。
 さらに、畜産基盤の整備では、国内外の産地間競争に打ち勝つことができるよう、畜産農家等の意向を踏まえながら、草地造成や畜舎・排せつ物処理施設等の整備、機械導入などを計画的に実施します。
 これら事業の実施に当たっては、センターの基本精神である「常なる変革」「誠実・着実」「スピード重視」をモットーに、県をはじめ市町村、関係機関等と連携しながら取り組んでいく所存です。
 県民の皆様には、御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。

 

令和3年4月

公益社団法人あおもり農業支援センター 理事長 高谷 清孝